ふるさと納税を利用した便利で美味しい生活

ふるさと納税でワンランク上の食卓に

様々な納税スタイル

そもそもふるさと納税ってどうやって収めるかご存知ですか? 大まかな方法が2つあります。 ひとつは自治体へ直接納税する方法、もうひとつはふるさと納税の紹介サイトから納税する方法です。 どちらから納税しても返礼品に大きな差はないようです。 いろいろな返礼品がりますからよく選んで納税したいですね。

ハズレがない返礼品

ふるさと納税で来る返礼品にはハズレはまずないです。 なぜなら、ふるさと、と、銘うって特産品のPRをしたいからです。 ここで、変な返礼品を送ってしまうとその地域のイメージと信頼に関わります。 イメージや信頼はいくらお金を出しても買えません。 だから、ふるさと納税にはハズレはないんです。

返礼品のお得さがあなたの食卓を変えてしまう?

ふるさと納税の魅力はその土地の名産品が返礼品として返ってくることです。
お野菜の有名なところではお野菜が、お肉が有名なところではお肉が、等など有名な名産品が返ってきます。
面白いところではその土地の暮らしが体験できるようにと施設の割引券なんかを返礼品にしているところもあります。
特に食料品は人気で健康志向が高まる世の中、近くのスーパーでは買えないような新鮮な商品が返ってくることが大きな魅力です。
実際にその産地に行く交通費や運搬費などを考えると納税するだけで品物が届くのです。
それだけでもお得ですよね。

さらに納税と言うだけあって申告すれば多少の控除もあるみたいです。
つまり、10000円納税して8000円分の返礼品が来たとします。
このままだと、還元率が80%でなんか損をした気分ですよね。
でも控除でいくらかお金が返ってくるので戻ってくる分を計算すると還元率はもっと跳ね上がるわけです。

つまり、お得に新鮮にお買い物ができるというわけですね。
返礼品のリストを見るとA5ランクの牛肉や滅多に食べられないような海の幸なんかもあります。

また、このふるさと納税の納税先はご自分の生まれた先にしなくても良いところもまた魅力的です。
「ふるさと」なんて名前がついていますからご自分の出身地に納税しなくてはならないと思ってしまいがちです。
ですが、納税先はご自分のお好きなところにされていいんです。
返礼品を見て、これがほしいと思ったところに納税すればいいんですね。

意外と知られていないふるさと納税

すごくお得な制度なのに意外と知られていないふるさと納税。 これは、知名度が低いからでしょうか? 果たして本当にそれだけでしょうか? 実は意外と食わず嫌いなのかもしれません。 ふるさと納税の「ふるさと」の意味もなんとなく納得です。 主婦の方なら是非とも利用したいと思う制度です。

TOPへ戻る