ふるさと納税でワンランク上の食卓に

意外と知られていないふるさと納税

ふるさと納税のイメージと現実

ふるさと納税をやっていない人の多くの理由が「ふるさと納税」という制度そのものを知らないから。
テレビやラジオでなんとなく名前は聞いたことはあるけれど、詳しく説明してくれるところはないですよね。
ただ、「美味しい返礼品がもらえます」としか紹介されていなかったら「ふーん」としか思いません。
視聴者としてのイメージでは「懸賞に当たるみたいなものかな?」とも勘違いされかねません。
実際、ふるさと納税は難しくて面倒だ、大変だ、と、いうイメージが強いみたいです。
でも、実際は仕組みとしては大雑把に言うと通販と大して変わりません。
確定申告すると後で控除もあるのでこっちのほうがだいぶお得だと思います。
はずれもなく、いい品物が届くのですから是非やってみたいですね。

納税したお金はどこへ行くの?

では、納税されたお金はどのように使われるのでしょうか?
これは納税された地域の発展のために使われます。
多くの自治体は教育や福祉のために役立てられるそうなのですが、地域によっては納税した貴方が使い道を選ぶことができるところもあるそうです。
自分が出資したお金が形になって見えるというのも面白いですよね。
そうなってくると愛着も沸きます。
自分がプロデュースしました、みたいな気になってきませんか?
また、ただ寄附するだけではなくて返礼品が返ってきますよね。
その返礼品を使ってこんなお料理をしましたと言うブログも呼んでいて面白いです。
今、国は勿論、自治体も予算が確保できず赤字まみれです。
そんな中、人と人が手を取り合い助け合う、温かい日本人特有の制度だと思いませんか?


この記事をシェアする
TOPへ戻る